僕はいつもここにいます。東方神起ユンホとともに。2023年10月で7年目突入です。どうぞご一緒に。

SPOTLIGHT・・・そろそろユンホに照明当てるときですから。くだらないことで邪魔すな!

@boku.koko0206←新しいところはここ。ポチッ
@bokukoko0206←キャパオーバー。
現在の閲覧者数:

[寄付] YUNHO FAN UNION様 [Reality Show] 寄付*寄付用のアルバム購入資
現在12910枚→13263枚

スクリーンショット (51129)



酷暑です。
喉やられました。あちゃー😵
のど飴舐めながらがんばるぞ。

次のお知らせは
SPOTLIGHTです。
東方神起 ユンホ、3rdミニアルバム「Reality Show」予告イメージ第2弾を公開



スクリーンショット (51114)




あぁデジャブだわぁ。




スクリーンショット (51124)



今回もやたらシンプルです。
その分内容が濃いということですね。
コンセプト含め、制作にこれだけのこだわりがあれば
時間がかかるの納得です。

今の時代はデジタルが中心に流れですけど
アルバム制作にこだわる意味。
ユノは以前に関すること言ってましたんですけど。
全曲を通して伝えたいことがあるでしたよね。

どこにあったかなぁ。。。。

今回のアルバムに収録される新曲「Spotlight」は
シャープなドラムビートと重みのあるシンセサイザーリフが際立つ
シンセポップナンバーで、ステージを終えたショーマンが感じる
様々な感情を込めた歌詞が印象的だ。
特に、常に最高のステージを披露するが、幕が降りた後、
ショーマンが感じる虚しさと自己反省、
それでも再びステージの照明の下に戻る瞬間の爽快感を
リアルに表現した楽曲であるだけに、ファンの反響を呼ぶとみられる。



思い浮ぶよ。
ステージの裏で自分の顔ぺしってするところ。
これ以上お客さんを待たせたら面白くないし。。。
とケガした足を推してダブルアンコールだったかな、
スポットライトに向かって出ていったこと。

うんうん。全てユノのリアリティショーですね。
あのシーン思い出してください。




スクリーンショット (51128)




NOIRの時の雑誌インタビュー記事上げてくださってます。
この情報と記憶力の凄さに敬礼。




スクリーンショット (51127)

ツイよりお借りしました。翻訳ついてます。

👇👇
ノワール映画の主人公のように 僕は僕の道を行く


スクリーンショット (51091)


I'm gonna turn on the light
turn on the spotlight

ライトをつけます
スポットライトをつけます!!

そろそろあちこちスタンバイね。
今日も一日ファイトだよ。