僕はいつもここにいます。東方神起ユンホとともに。2023年10月で7年目突入です。どうぞご一緒に。

SINGLES雑誌を推考する。。。予定。

現在の閲覧者数:



スクリーンショット (57743)



夕べは何だか気持ち悪くてそのままねてしまいました。
今から仕事にいきまする。
今夜は、下の記事について検証できればなって思っとります。

デビュー20周年前にして大荒れとなってる
我がグループ。
ユノは頭抱えてるのかな。
でもこういyことは想定内と思ってるのかも。

そんな中に置いても
ユノはドン代表のロケでくそ寒い中
また街へくりだしておりました。

風邪引かないように。
同行するスタッフのみなさんも。




東方神起と海
止まらず地上を流れる水はついに海で出会う。異なる水の流れが向き合った東方神起という海洋、そしてその中で長く上げたもの。
BY エディタイムナジョン2023.12.18
東方神起ユノ・ユンホ、チェ・ガンチャンミンの20周年シングルス写真
チャンミンロングコート、ベスト、スラックスすべてキム・ソリョン、ブラックダービーシューズスタイリストコレクション。 ユンホホワイトスーツセットアップ、ベージュカラーのトップアミ、ブラックダービーシューズスタイリストコレクション。
すでにデビュー20周年とは。東方神起の「Hug」ミュージックビデオが公開された翌日、クラスメートと一日中ミュージックビデオの話だけをした学生時代を過ごした人として、感謝が新しくなった。 2>ハハ、同じです。時間がこんなに過ぎたか体感できない20周年という文字に直面すると初めて実感が出る。人になれば生まれて大人になるまでの時間なのに、いつこう歳月が流れたかと思い、一方ではより重い責任感を持って活動しなければならないという考えがある。

チャンミン すでに20周年を迎えたというのが感慨深い。東方神起としてファンと一緒に20年を過ごしたので、正しい方向によく進むことができなかったかと思う。


見てみると、チョン・ユンホ、シム・チャンミンという名前だけで生きてきた時間よりチョン・ユンホとユノ・ユンホ、シム・チャンミンとチェガンチャンミンという2つの名前で過ごした歳月がより長い。たまにはその二つの間隙から来る混乱もあったようだ。 チャンミンそれで、私はオンとオフを間違いなく区別します。最善を尽くしてすべてを舞台に注いで降りてくるとすぐにシンチャンミンに戻ろうと努力する。例えば今回の2023 MAMAアワーズの舞台で自ら吸足するほどパフォーマンスを広げ、舞台から降りてモニタリングをする時も良いフィードバックをたくさん受けた。しかしその時も一方では自らに取らないように思った。
ユンホどうやら長い時間活動していると、チョン・ユンホとユノ・ユンホとして生活のバランスをとる方法について悩んだ時期もあった。最近はそれなりの方法を見つけたようだ。

ムートンジャケットロエベ、ブルータートルネックトップランダムアイデンティティbyムイ、ワイドデニムパンツムーホン、ブラックチェルシーブーツスタイリストコレクション。
2023 MAMA アワーズの舞台は少しとっても大丈夫だったほど素晴らしかった。 (笑) 個人的には新しいアルバム< 20&合同舞台でちょっと漏れてきた笑顔が先輩の年輪のように感じられ印象深かった。
ユンホ キラキラ輝く後輩たちとのコラボレーションステージができて楽しい心が現れたようだ。とてもきれいでありがたいです。一方では新人時代の年末授賞式の舞台で先輩たちと合同舞台を繰り広げた思い出が浮かんだりもしたし。
チャンミンここに率直な心情の一言追加してもいいですか?
もちろんです。
チャンミンああ、本当に大変です(笑)。以前は大変なこと自体で楽しむことができなかった。しかし、今は苦しみの後に憎しみが訪れるという確信があるので、大変な瞬間も心から楽しむことができる

新曲「Down」の舞台を見ると正規9集アルバム<20&2>に対する期待感が聞こえた。デビューしてから正確に20周年を迎える12月26日公開予定だと知っていますが、少しのスポイラーが可能か?
ユンホ最初に公開された「Down」を基準に言えば、「Down」のように成熟味が感じられる曲やファンが聞くと思い出に濡れる歌を適切に混合して構成した。 5年ぶりに国内で披露するアルバムであり、20周年を記念するアルバムであるだけに、過去20年を反轄しながらも東方神起の現在そしてこれからのビジョンを同時に見せたいと思った。
東方神起チェガンチャンミンの20周年記念シングルズ写真
ウール素材ジャケットビヨンドクローゼット、ストライプシャツブルーマーブルbyムイ、タートルネックトップMM6。
12月30日と31日には東方神起20周年記念コンサートで今年を終える予定だ。どのような考えをして準備しているのか?
チャンミン私たちがこのように20周年コンサートを開くことができるのはすべてファンのおかげだ。長い時間支えてくれて、一緒によく成長してくれてありがとうの心が一番大きい。また、私たちはまだ健在だから、今後も楽しい公演で報い、面白くて楽しい思い出をたくさんプレゼントするというメッセージを伝えたい。

両方を記録する人として、20年後にその間の活動を要約したら、どのような文章に残したいですか?
ユンホ 10年前だったら、前に進みたい方向を話したでしょう。しかし今の東方神起はファンたちのおかげですでに良い道を歩んできた。だからもう私たちが進みたい方向よりはファンが望む姿であると言いたい。ファンたちが一番好きな姿が舞台に立った私たちなら、それまで舞台に立つようによく管理するから心配してはいけない。
チャンミン歳月が流れただけに今より不足することはできても、最善を尽くすという約束は守れる。 (笑)
詳細なインタビューと写真は、<シングルズ1月号>で確認してください!